logo

ソニー、明るい超短焦点液晶プロジェクタ2機種を発表

加納恵 (編集部)2011年11月21日 15時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは11月21日、3000ルーメンの高輝度と超短焦点投写を実現した液晶プロジェクタ「VPL-SW535/SX535」を発表した。授業やプレゼンテーションでの使用に最適としている。WXGAモデルのSW535が12月中旬発売で、店頭想定価格が23万円前後、XGAモデルのSX535が2012年1月中旬発売で、店頭想定価格が22万円前後になる。

  • 「VPL-SW535」

 SW535は約42cmの距離で70型スクリーン(SX535は約50cmの距離で60型)への投写が可能。ソニーによると業界最短の投写距離を実現したとしており、限られたスペースを有効に活用してプロジェクタを設置できるとのこと。スクリーンやホワイトボードの近くに発表者が立つ場合でも、人やノートPCの影が映り込むことなく投写できるとしている。

 上下方向±4.6%(SW535は±4.4%)、左右方向±3.4%(同±2.7%)のレンズシフト機能に加え、1.05倍のズームレンズを搭載。投写画像の位置調整が容易にできるため、設置作業の簡易化を実現し、様々な設置環境にフレキシブルに対応できるとのことだ。

 本体には「ランプ減光モード」や黒画面投影時にランプ出力を約70%絞るなど、独自の省エネ機能を搭載。ランプ寿命は約6000時間としている。両機種ともに本体サイズは高さ122.5mm×幅384.4mm×奥行き423.4mmで、重量は約7kg。天吊り金具を同梱する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集