logo

ネイバーとライブドアが語る統合の狙い--「スマホでNo.1になる」

藤井涼 (編集部)2011年11月07日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHN Japan、ネイバージャパン、ライブドアの3社は11月7日、2012年1月1日に経営統合することを発表した。統合後のNHN Japanは、オンラインゲーム事業を展開する「ゲーム本部」と、検索やポータルサイトなどのサービス事業を展開する「ウェブサービス本部」の2部門制となる。

 また、ウェブサービス本部の新設にあたり、ネイバージャパンとライブドアのメディア事業を統合。今後は、スマートフォン領域を中心とした新サービスの開発・育成に集中投資するという。

 なぜ3社は統合するのか。また、統合後に各社のサービスや取り組みはどのように変わるのか。ライブドア代表取締役社長の出澤剛氏と、ネイバージャパン事業戦略室室長チーフストラテジストの舛田淳氏に聞いた。


ライブドア代表取締役社長の出澤剛氏(右)と、ネイバージャパン事業戦略室室長チーフストラテジストの舛田淳氏(左)

--まず、経営統合するに至った経緯を教えて下さい。

 出澤氏:国内外を問わず競争が激しくなる中、昨年からスマートフォンの流れも大きくなってきています。非常に大きな変化が起きる激動の時期でもあり、チャンスでもあるということです。

 これまでは、それぞれのグループ会社が個性を持ちながら事業を展開してきましたが、より踏み込んで各社のリソースを結集することで、激しくもチャンスであるこの時期に勝ち抜こうということから統合にいたりました。

--統合することで各社の位置付けはどのように変化するのでしょうか。

 出澤氏:新たなプロダクトに関しては両社でゼロから作っていくことが大前提です。既存のサービスについては、検索やツールなどポータルサイトに近いものはネイバーに集約していきます。一方で、ニュースやブログなど、ライブドアですでに認知されているサービスや、CGMに関するサービスはライブドアが伸ばしていく、という形で整理をしていきます。

 舛田氏:NAVERはフラッグシップブランドではありますが、そのなかにネイバーとライブドアがある、両方のブランドが成長の両輪として進んでいくイメージですね。既存のサービスは基本的には継続していきますが、それだけでは統合した意味がありませんので、注力する領域を定めます。

 まず1つがメディアカテゴリ。ここに対しては既存のサービスとして「livedoorニュース」「ライブドアブログ」「NAVERまとめ」があるので、これらのサービスを連携させることで、メディアカテゴリでの競争を優位に働かせる。また、「ロケタッチ」に代表されるジオサービスは、今後より重要になってくる領域ですので、ここもさらに強化していきます。

 そしてネイバーのベースである検索領域でも、メディア系のサービスやロケーションサービスで生成されるコンテンツを検索結果にダイレクトに反映させて、独自の検索の精度を高めていく。スマートフォンのプラットフォームになるべく、「LINE」にも引き続き投資していきます。


グループ各社の事業とサービスを連携

--統合することで具体的にどのようなメリットがありますか。

 出澤氏:NHN Japanが持っているゲームの課金ノウハウは貴重ですし、多くのゲーム開発陣も抱えているので、そこは今回の統合で1番ミソになってくるところだと思っています。また、ライブドアは広告ビジネス、ネイバーは検索やLINEなど、各社がそれぞれの強みを持っています。これらを組み合わせて、例えばハンゲームの広告を企画してユーザーに届けたり、LINEに課金システムを入れたりと、両方向でできることもあります。

 舛田氏:ウェブサービスに携わってきた人からすれば、ウェブサービスの課金モデルというのは相当ハードルが高い。世界的なグーグルなどの企業でも課金で成功しているわけではありません。逆にゲームで成功している会社はまさに課金でビジネスを行っていますが、一方の広告では上手くいっていない。どちらも片手間でやれることではないですし、ノウハウを新たに生み出すことは簡単ではありません。

 我々グループの中でいえば、「ハンゲーム」はずっと課金モデルのプロフェッショナルでノウハウも溜まっていますし、ライブドアはずっとオンライン広告をリードしている立場なので、そこのアセットを組み合わせたモデル。もしかしたら、ゲームは今後ウェブ化していくかもしれませんし、ウェブはゲーム化していくかもしれません。各社の広告モデルや課金モデルをうまくシンクさせて進めていくのが、長期的な視野に立った方向性だと思っています。

-PR-企画特集