エイサー、スリープ状態から1.5秒で復帰する「Ultrabook Aspire S3シリーズ」

坂本純子 (編集部)2011年11月02日 18時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エイサーは11月2日、13.3インチの「Ultrabook Aspire S3シリーズ」を11月10日以降に順次発売すると発表した。

  • 「Ultrabook Aspire S3シリーズ」

 PCをシャットダウンせずスリープ状態にすることで1.5秒(休止状態時は6秒)の高速復帰を実現し、開いてすぐにパソコンを使用できる「Acer Instant On」機能を備えた。しばらく使用していなかった時でもすぐに作業を再開できる。また充電することなく、スタンバイで約50日間のバッテリ稼働を保持できるという。

 デザインは、天板にはアルミニウム合金、従来品より10%以上厚さを抑えたベゼルを採用している。最薄部13mm、重さは約1.35kgで、薄さと軽さを実現したとしている。

 Ultrabook Aspire S3シリーズは、256GバイトのSSDモデル「S3-951-F74U」(市場想定価格:14万円前後)と320GバイトのHDDモデル「S3-951-F34C」(市場想定価格:8万円前後)をラインアップ。SSDモデルは12月中旬、HDDモデルは11月10日に発売予定だ。

 CPUは、SSDモデルがインテル Core i7-2637Mプロセッサ、HDDモデルがインテル Core i3-2637Mプロセッサを搭載。バッテリ駆動時間はSSDモデルが約7時間、HDDモデルが約6時間。このほか、いずれも最新のBluetooth 4.0+LE採用し、セキュリティと省電力性を高めたとしている。このほか、130万画素のHDウェブカメラ、Dolby Home Theater v4、3D Sonic ステレオスピーカ、HDMIポート、SD/MMCカードスロットを備えている。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加