logo

米下院議員、オンライン著作権侵害防止法案を議会に提出

Declan McCullagh (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年10月27日 12時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米下院の一部議員は米国時間10月26日、著作権を侵害していると申し立てられたウェブサイトをインターネットから実質的に消去するための法案(PDFファイル)を共同で提出したと発表した。

 下院司法委員会の委員長を務めるLamar Smith下院議員(テキサス州選出、共和党)は、「Stop Online Piracy Act」と呼ばれるこの法案について、「不正なウェブサイトへ売り上げが流れることを防ぎ、米国の革新による利益が米国の革新者にもたらされることを保証する」ために有効だろうと述べた。

 これは超党派的な取り組みだが、民主党は、ハリウッドとの緊密な関係を考えた場合、強く支持する可能性が高い。Howard Berman下院議員(カリフォルニア州選出、民主党)は、この法案を「デジタル窃盗と戦うための重要な次の段階」だと述べている。

 この法案の旧バージョンは、上院委員会が5月に承認しており、映画や音楽業界の企業に広く支持された。しかし、人権擁護グループやウェブ企業を代表する事業者団体は断固として反対していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集