logo

GMO NIKKO、Googleの提供するアドエクスチェンジへの配信接続を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループでインターネット広告代理事業を手がけるGMO NIKKOは10月26日、ディスプレイ広告の統合型マネジメントプラットフォーム「GMO DSP」で、Googleのアドエクスチェンジサービス「DoubleClick Ad Exchange」への広告配信接続を開始した。

 GMO DSPは、アドネットワークやアドエクスチェンジとの連携により、月間数百億インプレッションの配信規模を持つ、ディスプレイ広告の統合型マネジメントプラットフォーム。

 今回のDoubleClick Ad Exchangeとの広告配信接続の開始によって、広告主はDoubleClick Ad Exchangeが保有する月間約150億インプレッション以上の広告枠在庫から、GMO DSPを通じて最適な広告枠を買い付けできるようになった。

 広告主にとっては、効果的な広告配信を実現する広告在庫が増加することになるので、より多くのユーザーへのリーチを実現でき、広告効果の向上を期待できるという。

 また、GMO DSPでは今回、インターネット広告テクノロジ開発企業のFringe81の第三者配信アドサーバを使用した広告配信を開始した。

 第三者配信アドサーバを使用することで、媒体ごとに異なる広告入稿や配信管理をまとめて行うことが可能となる。管理の手間が軽減する上、異なる媒体でもまとめて効果測定ができるので、フリクエンシー(ネット広告に対するユーザー1人あたりの平均接触回数)ごとにバナーを最適化するといった、より高度なディスプレイ広告配信も可能になるとしている。

-PR-企画特集