logo

最薄部3mm、8万4800円〜のUltrabook「ASUS ZENBOOK」--“禅”の精神を内包

坂本純子 (編集部)2011年10月26日 19時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSTeK Computer(ASUS)は10月26日、最薄部3mmのUltrabook「ASUS ZENBOOK」を11月3日より順次販売すると発表した。

 ASUS ZENBOOKは、11.6型ワイドの「UX21E」と13.3型ワイドの「UX31E」がラインアップする。

 11.6型ワイドTFTカラー液晶(1366×768ドット)搭載のUX21Eは、SSD64Gバイトモデルの「UX21E-KX064 」(8万4800円)とSSD128Gバイトモデルの「UX21E-KX128」(9万9800円)をラインアップ。UX21E-KX064は11月下旬から、UX21E-KX128は11月3日に発売予定だ。

  • 11.6型ワイドTFTカラー液晶を搭載した「UX21E」

  • 最薄部は3mmで、最厚部は17mm

  • 11.6型のMacBook Airと11.6型のUX21Eとの比較。ちなみにMacBook Airも8万4800円から

 13.3型ワイドTFTカラー液晶(1600×900ドット)搭載のUX31Eは、SSD128Gバイトモデルの「UX31E-RY128」(10万9800円)とSSD256Gバイトモデルの「UX31E-RY256」(12万9800円)をラインアップ。UX31E-RY128は11月3日から、UX31E-RY256は11月下旬に発売予定だ。

  • 13.3型ワイドTFTカラー液晶を搭載した「UX31E」

  • こちらも最薄部は3mm

  • ASUS ZENBOOKのラインアップ

 両モデルともに最薄部は3mmで、最厚部は17mm。重さはUX21Eは約1.1kg、UX31Eは約1.3kgとなっている。バッテリ駆動は、UX21Eが最長約5.5時間、UX31Eは最長約8.1時間だ。スリープモードのまま最大約2週間保てるほか、独自に約2秒で高速復帰する「Instant On」も備えているのも特長のひとつ。フルサイズのキーボード、ヘアライン加工の広いパームレスト、3本指のジェスチャーまで認識できる16対9の大きなマルチタッチパッドなど、細部まで使いやすさと質感にこだわったという。

 「波紋をイメージした」というアルミニウムの天板に、インテル Core i7-2677M プロセッサ超低電圧版、SATA3.0対応の高速なSSDを搭載。オーディオ機能は、高級オーディオメーカーのBang&Olufsen ICEpowerと共同開発したもの。Bluetooth 4.0とUSB 3.0ポート、マイクロHDMI出力端子、mini VGA出力、13.3型モデルのみSDカードスロットが搭載されている。

 いずれもEthernetポートは搭載しないが、「USBイーサネットアダプター(100BASE-TX/10BASE-T対応)」がパッケージに同梱されるほか、mini VGAアダプター、専用スリーブも同梱される。

  • USBイーサネットアダプター(100BASE-TX/10BASE-T対応)、mini VGAアダプター、専用スリーブも同梱される

  • 名前は明確にしなかったが、他社モデルとのスペック比較も示した

  • 駆動時間の比較

  • SSD速度比較

  • 液晶解像度比較

  • 薄さ・軽さ比較

  • 会長のJonney Shih氏とアスース・ジャパン システムビジネスグループ ビジネスデベロップメントマネージャーのEmilie Lu氏

 今回はASUSTek Computer会長のJonny Shih氏が来日。ASUS ZENBOOKについて、「人々が本当になにを望んでいるのかを探しだそうとしてきた。今回、非常に基本的なところから考え始めた。忙しい生活の中で、人は心に落ち着きやバランスを求めている。この新しいデザイン、メタリックな仕上げ。調和やバランスは本当の意味での“禅”の精神を内包するものと確信している。ソリューションとしてASUS ZENBOOKはベストなもの」と説明した。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集