勢いづくスマホGALAXYシリーズ比較「S II LTE」対「S II」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子とNTTドコモは10月18日、2011年冬~2012年春モデルとしてスマートフォン「GALAXY S II LTE(SC-03D)」を発表した。さらにその翌日となる10月19日には、Android 4.0を採用した「GALAXY NEXUS」を発表するなど、GALAXYシリーズは勢いづいている。

  • 秋冬モデルとして発表されたXi対応端末4機種、GALAXY S II LTEは左端

 一方で、夏モデルとして登場した「GALAXY S II(SC-02C)」も6月の発売直後からNTTドコモのFOMA端末のラインアップでは最強クラスのスペックを持つスマートフォンとして人気を集めている。今回は、主にNTTドコモの発表会場で見たGALAXY S II LTEとGALAXY S IIを比較しながらファーストインプレッションを中心にお伝えする。

LTE高速通信対応のGALAXY Sシリーズ

  • GALAXY S II LTEの表面

 LTEとは「Long Term Evolution」という新たな通信規格のことで、通信速度が向上し、電波の利用効率が優れている。NTTドコモのサービス名で言うところの「Xi(クロッシイ)」がそれにあたり、下り最大75Mbpsのサービスが利用できる。Xiは今までデータ通信端末のみだったが、Xi対応のスマートフォンがはじめてラインアップ、その中でも1.5GHzで動作するデュアルコアCPUを搭載し、最高クラスの処理性能を持った機種がGALAXY S II LTEとなる。

 GALAXY S II LTEは、名称から既存のGALAXY S IIにLTEの通信機能を載せたくらいのものと想像してしまうが、中身は大幅に変更され、利用できる機能も大幅に変化している。

主な機能比較
機種名LTE(Xi)対応CPUクロック画面サイズワンセグNFC
GALAXY S II LTE1.5GHz約4.5×
GALAXY S II×1.2GHz約4.3×

 GALAXY S II LTEに搭載するCPUはクアルコム製「APQ8060」で、GALAXY S IIのサムスン製「S5PC210」とは動作クロック以外に種類も変わっている。画面も解像度こそ変わらないもののサイズが4.3インチから4.5インチへ大きくなっている。さらに電池容量も従来の1650mAhから1850mAhへとアップしている。

  • GALAXY S II LTEを手にする渡辺謙さん(右)、形状から、従来機種よりも軽く感じたとのことだ

 サイズは高さ130mm×幅69mm×厚さ9.5mmと従来に比べてそれぞれ高さが4mm、幅が3mm、厚さが0.6mm大きくなり、重さは10gアップして130gとなっている。デザインは、コーナーの曲線が緩やかになるなどの変更が行われているので、持ちやすさについては一長一短と言えよう。地上デジタルテレビ放送のワンセグ受信機能はなくなった。

 さらに、非接触ICカード通信規格の「NFC」 に対応していることも特徴だ。本体にはNFCに関するメニューがあるだけで、国内ではまだ対応サービスがなくNFCを便利に活用するというシーンが来るのはまだ先かもしれない。しかし、実証実験などが行われた際、真っ先に参加できる可能性が高く、新しいモノ好きとしては大きな魅力となるだろう。

  • GALAXY S II LTEの裏面はつや消し仕上げで、指紋が付きにくい

  • カメラを搭載し、その下にはGALAXY S II LTEのロゴが入る

  • 本体右側面には電源ボタンがある

  • 本体左側面には音量の上下ボタンがある

  • 本体下側にはmicroUSB端子があり、電源供給もこちらから

  • 上部にはヘッドホンジャックがある

  • 裏面下側には緩やかな膨らみがあり、持つ際に手になじみやすい

  • 裏面のカバーを外すと充電池とSIM/microSDカードが見える

  • LTEの電波をつかむとアンテナバーの横に「LTE」の表示が出る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加