アップル、業界著名人らを招待したジョブズ氏の追悼式を主催

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年10月17日 08時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間10月16日の晩にスタンフォード大学で開催されるSteve Jobs氏の追悼式に、Appleがシリコンバレーの著名人らを招待したとThe Wall Street Journal(WSJ)が報じた。

 報道によると、Appleは関係者のみによる同式典への招待状を、シリコンバレーの著名人ら宛てに送付したという。参加者は、Jobs氏の妻であるLaurene Powell Jobsさんが設立した慈善団体Emerson Collective宛てに返信するよう求められたとWSJは報じている。

 Jobs氏のささやかな葬儀は先週営まれた。10月19日にはカリフォルニア州クパチーノにあるAppleの本社で、同氏の人生を称える従業員のための追悼式が予定されている。

 Jobs氏は、10月5日に56歳で亡くなった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加