logo

iPhone 4S発売で孫社長しんみり「Steveの作品を慈しみましょう」--およそ200人の列

坂本純子 (編集部)2011年10月14日 14時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは10月14日、「iPhone 4S」発売を記念してカウントダウンセレモニーを開催した。午前8時からの発売に伴い7時45分からイベントをスタート。8時時点ではおよそ200人の予約者が列をなし、報道陣も100名あまりが詰めかけた。

  • 発売時刻となった8時、華々しくテープが舞った

 オープニングセレモニーには、ソフトバンクモバイル社長の孫正義氏が登壇。「待ちに待った製品──というよりも作品。Steveに最後に会って話したのは6月だった。痩せてはいたが、目は爛々と輝いていた。失ったことは大きな損失。皆でSteveがつくったものを慈しみましょう」と挨拶した。ゲストMCとしてアナウンサーの西尾由佳理さんが登場し、「新しい歴史の瞬間に立ち会えて嬉しい」と笑顔を見せた。西尾さんはiPhone 3GSユーザーなのだという。孫氏は「無料で新しい製品にできるので(機種変更を)しないと損」とアピールした。

  • この日最初に手に入れた男性

 この日最初に手に入れたのは、東京都内在住の32歳の男性で、13日18時から並んでいたという。孫氏から手渡された男性は「憧れの孫さんからもらえて嬉しい。ソフトバンクを選んだのは、孫さんがKDDIの上をいってくれると期待して」と笑顔を見せ、孫氏も「嬉しいことを言ってくれる」と応じていた。

 マイナーバージョンアップとも言われるiPhone 4Sだが、「予想以上に反応がいい。数は言えないが、過去よりも予約は増えている」(孫氏)と語る。購入した男性は、「Jobsの最後の作品だから買う気になった。最初は買おうと思っていなかった。Jobsはその時代にあった素晴らしいものを作る。これがいまの最良なんだと思う」と話す。Jobs氏への追悼を込めて購入する人も少なくないようだ。

  • 8時時点ではおよそ200人の予約者が詰めかけた。iPhone 4の時よりもやや少なめの人数だ

  • 孫正義氏は白いiPhone 4Sを手に笑顔を見せた

  • 予約者と握手やハグをする孫氏。iPhone 3Gの発売時に「乗るしかない このビッグウェーブに」と話し有名になったBUTCH(ブッチ)さんとも

◆iPhone 4S日本での発売日
iPhone 4S発売でアップルストア銀座に800人の列--3日並んだ猛者も
KDDI社長iPhone販売に強気--SBMとネットワーク比較で自信
ソフトバンク、iPhone 4Sの販売を再開--システム復旧
ソフトバンク、iPhone 4Sの販売を一時ストップ--登録システムの不具合で
au、iPhone 4S発売によるシステム不具合なし--MNPは「確認中」
auのiPhone初売--KDDIデザイニングスタジオの状況
ソフトバンクiPhone 4S発売--表参道店の状況
iPhone 4S発売--Apple Store銀座の状況
哀悼:スティーブ・ジョブズ
Appleの情報は「アップルセンター」へ

-PR-企画特集