logo

「Samurai Fund3号」投資第1号はアプリ素材の売買サイト開発のビジョナリー・ファンに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムライインキュベートは10月13日、海外進出スタートアップ支援に特化したファンド「Samurai Incubate Fund3号(Samurai Fund3号)」の1社目の投資案件として、ビジョナリー・ファンに投資すると発表した。投資金額は約500万円。

 ビジョナリー・ファンは、アプリのデザイン素材を売買するサイト「AppItem OFF(アピテム オフ)」の企画および開発を手がける企業。2010年9月17日に設立された。代表 取締役社長は松田佳祐氏。

 AppItem OFFは、スマートフォンや携帯電話、ブラウザ向けのアプリ内で利用されるデザイン素材で、使われていないものを買い取り、これからアプリを開発する開発者へ販売するサイト。10月27日公開の予定で、今年度末(2012年8月末)までにユーザー数10万人、販売アプリ素材数8万点を目指すという。

 アプリ開発の過程で生まれたデザイン素材や、公開を取りやめたアプリのデザイン素材を買い取るとともに、開発中のアプリにマッチしたデザイン素材を安価に提供することで、アプリ開発者の投資資金回収と開発コスト削減を支援するとしている。買取および販売価格は500円から1万円、メイン価格帯は1000円と想定しているという。

 加えて、「和」や「萌え系」といった日本独自のデザインを海外へ発信したり、途上国のデザインを先進国へ発信するといった、国際的なデザインの交流ができるサービスを目指すとしている。

-PR-企画特集