logo

ソフトバンク、冬春モデルはスマホ9機種をラインアップ

藤井涼 (編集部)2011年09月29日 13時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは9月29日、冬春モデルとなる新商品12機種と、先日ディズニー・モバイルから発表された新製品3機種を加えた全15機種を発表した。11月中旬より順次発売する予定。Androidスマートフォンを中心に揃えたラインアップで、12機種中9機種がスマートフォンとなる。また、このうち4機種が下り最大21Mbpsの高速データ通信「ULTRA SPEED」に対応した。

 冬春モデルでは、シャープ製「AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 101SH」(101SH)、「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」(102SH)、「AQUOS PHONE SoftBank 103SH」(103SH)、「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」(104SH)と、デザインや機能の異なる4機種のAQUOS PHONEを発表。

  • 女性向けスマートフォンも充実

 さらに、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製「LUMIX Phone SoftBank 101P」(LUMIX Phone)、NECカシオモバイルコミュニケーション製「MEDIAS CH SoftBank 101N」(MEDIAS CH)、京セラ製「HONEY BEE SoftBank 101K」(HONEY BEE)、デル製「DELL Streak Pro SoftBank 101DL」(DELL Streak Pro)、ZTE製「STAR7 SoftBank 009Z」(STAR7)を加えた9機種のスマートフォンを用意した。

 そのほか、シャープ製の携帯電話「PANTONE 4 SoftBank 105SH」(PANTONE 4)、セイコーインスツル製のモバイルWi-Fiルータ「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」(ULTRA WiFi 4G)、Huawei製「みまもりホームセキュリティ 101HW」(みまもりホームセキュリティ)をラインアップした。

 101SHは、約3.4インチのディスプレイとテンキーを搭載したスライド形状のスマートフォン。10~20代前半の女性をターゲットにしており、手にフィットするラウンドフォルムを採用。防水・防じん性能も備えており、入浴中などでも操作できる。また壁紙のデザインにはソフトバンクのキャラクターである「お父さん」を採用した。

 102SHは、約4.5インチのHDディスプレイを搭載した3D対応スマートフォン。デュアルコアCPUを搭載するほか、ULTRA SPEEDにも対応。約1210万画素のCMOSカメラに光学手ぶれ補正を搭載しており、フルハイビジョン動画を撮影できる。画像や周辺環境の照度に合わせて液晶パネルの明るさを調節する新機能「エコ技」も搭載した。

 103SHは、約4.0インチのディスプレイを搭載した防水・防じんスマートフォン。約800万画素のCMOSカメラを搭載、102SHと同様にエコ技も搭載した。

  • 「AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 101SH」

  • 「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」

  • 「AQUOS PHONE SoftBank 103SH」

 104SHは、1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載したスマートフォン。約4.5インチのHDディスプレイを採用し、約1210万画素のCMOSカメラを搭載。省エネを実現するエコ技も搭載している。ULTRA SPEEDにも対応した。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信には未対応。

 LUMIX Phoneは、約1320万画素のCMOSカメラを搭載したスマートフォン。デジタルカメラ「LUMIX」の高画質エンジンを搭載しており、さまざまな写真加工モードで作品風の写真を撮影できる。撮った写真をすぐにTwitterやFacebookに投稿できる「ピクチャジャンプ」機能や、写真が自動でアルバム化される「ピクチャセレクタ」機能などを備えた。ULTRA SPEEDにも対応している。

 MEDIAS CHは、撮影した写真のメイクや肌を補正する「Beauty up Camera」や、有名メイクアップアーティストからメイクテクニックのアドバイスが受けられる「Beauty up Navi」などを搭載した女性向けのスマートフォン。ソフトバンクモバイルとして初めてワイヤレス充電に対応した。

  • 「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」

  • 「LUMIX Phone SoftBank 101P」

  • 「MEDIAS CH SoftBank 101N」

 HONEY BEEは、女子中高生向けのコンパクトスマートフォン。約500万画素のCMOSカメラに加え、自分撮りも可能な約200万画素のサブカメラを搭載している。前面に「メール」と「電話」の専用キーを配置しており、作業中でもすぐに機能を呼び出せるほか、側面にはお気に入りのアプリを呼び出せるカスタムキーを設けた。ULTRA SPEEDにも対応している。ワンセグとおサイフケータイには未対応。

 DELL Streak Proは、約4.3インチのスーパー有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン。Windows 7を搭載したPCと、音楽やビデオを共有できる2Gバイトのクラウドサービス「SyncUP」を搭載した。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信には未対応。

 STAR7は、宇宙空間の惑星をイメージした7色展開の防水スマートフォン。アプリをカテゴリ別に分類することで、使いたいアプリを見つけやすいカテゴリメニューを採用したほか、宇宙服を着た「お父さん」が画面上を浮遊する8種類のライブ壁紙と8種類の背景テーマをプリインストールしている。おサイフケータイと赤外線通信には未対応。

  • 「HONEY BEE SoftBank 101K」

  • 「DELL STREAK PRO SoftBank 101DL」

  • 「STAR7 SoftBank 009Z」

 PANTONE 4は、鮮やかな8色のカラーで展開する携帯電話。緊急速報メールに対応するほか、海外でのGSM機能も搭載している。おサイフケータイには未対応。

 ULTRA WiFi 4Gは、下り最大76MbpsのSoftBank 4Gに対応したモバイルWi-Fiルータ。バッテリが2個付属しており、バッテリ1個あたり約5時間接続できる。また10台まで同時に接続可能。

 みまもりホームセキュリティは、月額490円で手軽にホームセキュリティが可能になる製品。工事が不要で簡単に設置できるほか、防犯機能に加えて安否確認機能や帰宅通知メール機能などを搭載している。

  • 「PANTONE 4 SoftBank 105SH」

  • 「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」

  • 「みまもりホームセキュリティ 101HW」

 そのほか、アプリを介して提供するショッピングサービス「ホワイトマーケット」、写真の加工ができるアプリ「フォト編集」、スマートフォン向けの音楽サービス「SoftBank MUSIC BOX」などのサービスが発表された。

-PR-企画特集