logo

「鷹の爪団」が全国各地を謝罪しながら借金返済--コロプラに新作登場

藤井涼 (編集部)2011年09月16日 14時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロプラは9月16日、位置情報サービスプラットフォーム「コロプラ」上で、「鷹の爪団」とコラボレーションした位置情報ゲーム「鷹の爪団のアヤマル大作戦」を公開した。ユーザーが鷹の爪団の新入団員となり、全国各地を謝罪しながら借金を返済していくゲームだ。

 借金を返済することになった経緯は、「世界征服の資金不足を嘆いていた総統がレオナルド博士が発明した『お金持ちになれる機械』を使ってみたところ、実は全国各地の人々が相対的に貧しくなり、文明を退化させ、さらには全国各地に借金まで背負わせてしまう機械だった」というもの。

 各地に散らばった怪人製造用素材と怪人設計書を集めることで個性豊かな怪人を製造できる。自分だけの怪人軍団を結成して人びとの怒りを鎮めることで、全国に活気を取り戻すことができるという。また、位置登録で各地の名産品を集めたり、ユーザー同士で名産品を賭けて交渉戦をすることも可能だ。

 コロプラでは、8月31日に「ご当地キティ」を集められる位置情報ゲーム「ご当地キティコレクション」を公開している。


「鷹の爪団のアヤマル大作戦」

-PR-企画特集