logo

ハイディ・クルム、ネットで「最も危険な有名人」に--マカフィー調べ

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年09月16日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 McAfeeは米国時間9月15日、テレビ番組「プロジェクト・ランウェイ」の司会者Heidi Klumがインターネットで最も検索リスクの高い有名人になったと発表した。Klumに関連した検索語を検索エンジンにかけると、検索結果の約10%が「悪意のある」ものだという。

 McAfeeは声明で、「『Heidi Klum and downloads』『Heidi Klum and 'free' downloads』『Heidi Klum and screensavers』『Heidi Klum and hot pictures』『Heidi Klum and videos』で検索すると、個人情報が盗まれるオンライン攻撃に遭遇する危険性がある。このような危険なサイトをクリックし、画像や動画、スクリーンセーバなどのファイルをダウンロードすると、ウイルスやマルウェアをダウンロードしてしまうリスクにさらされる」と述べている。

 2010年の最も危険な有名人だったCameron Diazは2位、ジャーナリストのPiers Morganが3位、2009年に最も危険な有名人だったJessica Bielが4位と続き、5位はKatherine Heiglとなっている。

 McAfeeによると、スポーツ選手や歌手は比較的安全だという。テニス選手のMaria SharapovaとAndy Roddickは、2010年には13位と14位だったが、2011年にはそれぞれ44位と56位になっている。また、歌手のRihannaとCarrie Underwoodが51位で並んでおり、Lady Gagaが58位と続いている。

McAfeeの調査において世界で「最も危険な」有名人となったHeidi Klum
McAfeeの調査において世界で「最も危険な」有名人となったHeidi Klum
提供:McAfee

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集