logo

「Windows 8」開発者プレビュー版、ダウンロード可能に

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦2011年09月15日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現時点での「Windows 8」を試してみたいという人向けに、同OSの開発者プレビュー版が公開され、ダウンロードとインストールが可能になった。

 米国時間9月13日から16日まで開催されているMicrosoftのBUILDカンファレンスでデモを実施中の開発者プレビュー版は、現段階のWindows 8を披露するためのプレベータ版だ。厳密には開発者向けのものだが、登録は必要なく、誰でもダウンロードとインストールができる。

開発者プレビュー版は3種類のパッケージが提供されている。さまざま開発者ツールが付属した64ビット版、OSのみの64ビット版、そしてOSのみの32ビット版だ。

 3つはどれもISOファイル、つまりCDやDVDの内容を収めたイメージファイルだ。どのパッケージもファイルサイズが数Gバイトあるので、ファイルを1枚のディスクに焼く場合はDVDが必要になる。

 また、これはあくまでプレベータ版なので、仕事で使うPCに影響が出ないよう、予備のマシンか仮想環境にインストールするのがよいだろう。

 では、この開発者プレビュー版以降の予定はどうなっているのだろう?

 MicrosoftのWindows部門でシニアバイスプレジデントを務めるSteven Sinofsky氏は、米国時間9月13日にBUILDカンファレンスで講演し、Windows 8はこの後続いてベータ版に移行し、1バージョンのベータ版を経て1バージョンのリリース候補版に至るという事前の報道を認めた。すべてが順調に行けば、その後に最終的な製造工程向けリリース(RTM)版が来ると予想される。

 Sinofsky氏はベータ版とリリース候補版の具体的な公開スケジュールを明らかにしなかった。しかしWinRumorsでは、Microsoftは2012年1月のConsumer Electronics Show(CES)でベータ版を公開するとの見方を示している。

Windows 8のStart画面
Windows 8のStart画面
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集