logo

ドコモ、PS Vita向けの3G通信プリペイドプランを発表

松田真理 (マイカ)2011年09月14日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月14日、データ通信専用のプリペイドプラン「プリペイドデータプラン 20h」と「プリペイドデータプラン 100h」を12月17日から提供すると発表した。提供開始時点では、同日発売予定のソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の携帯型ゲーム機「PlayStation Vita」(3G/Wi-Fiモデル)が対応する。

 プリペイドデータプラン 20hは、30日間のうち20時間分の3G通信が可能なプラン。プリペイドデータプラン 100hは、180日間のうち103時間分の3G通信が利用できるプランとなっている。3G通信は、受信時最大128kbps、送信時最大64kbpsに対応する。ただし、プリペイドデータプラン 100hの103時間のうち、3時間は受信時最大14Mbps、送信時最大5.7Mbpsの通信が利用できる。

 また契約事務手数料として別途2100円がかかる。プランの延長や変更をする際は、利用期間内または14日間の更新猶予期間内に、専用サイトへアクセスして手続きを行う。

 対応端末であるPlayStation Vitaには、SCEによるキャンペーンとして、3G通信に対応したNTTドコモのUIMカードを同梱する予定。これには、あらかじめプリペイドデータプラン 20hまたはプリペイドデータプラン 100hが契約されており、初回の利用料金と契約事務手数料が不要で3G通信が利用できるという。

-PR-企画特集