logo

東芝、2番組長時間録画を実現した「レグザ ZP3/Z3」--節電ボタンも装備

加納恵 (編集部)2011年09月13日 11時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は9月13日、液晶テレビに「レグザ ZP3/Z3」シリーズを追加した。「レグザフォン」やほかの部屋の「レグザ」で録画済み番組をネットワーク経由で楽しめる「レグザリンク・シェア」機能などを備える。

  • 「42ZP3」

 両シリーズともにUSB HDD接続に対応し、地上デジタルチューナを3基、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載。2番組同時録画中に別番組を視聴できる「地デジ見ながらW録(ダブロク)」をサポートする。長時間録画モードでの2番組同時録画も実現した。

  • 「42Z3」

 鮮明な映像を再生する超解像技術は「レゾリューションプラス7」へと進化した。従来の3次元フレーム超解像、色の超解像などに加え「カラーテクスチャー復元」を追加。輪郭描写、質感描写に優れ、色の濃い映像も細部まで鮮やかに再現するとしている。

  • リモコンのフタ内部に節電ボタンを設けた

 ZP3シリーズは、37V型の「37ZP3」(店頭想定価格:21万円前後)と42V型の「42ZP3」(同:25万円前後)の2機種をそろえる。3D対応で、電池不要の軽量3Dメガネ「レグザシアターグラス FPT-P200J」が1個同梱される。発売は11月中旬。

 Z3シリーズは、37V型「37Z3」(同:18万円前後)、42V型「42Z3」(同:22万円前後)、47V型「47Z3」(同:32万円前後)の3機種をラインアップした。発売は10月上旬。

 全機種で明るさを画質を2段階で調整する節電機能を内蔵。リモコンには「節電ボタン」を設け、バックライトのレベルを1段階で50%オフ、2段階で75%オフにし、明るさに合わせた最適な映像を調整するとのことだ。

 いずれもスマートフォンからレグザを操作できる「RZコマンダー」や電力使用率に合わせて節電モードに切り替える「RZ節電リモ」など、充実した独自アプリを使用できる「レグザAppsコネクト」に対応。YouTubeやアクトビラなどのネットコンテンツも視聴できる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集