ヤフーのインタレストマッチ、地域ターゲティングを市区郡単位に細分化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは9月12日、興味関心連動型広告「インタレストマッチ」のPC向けサービスで、地域ターゲティング機能の配信地域区分を細分化すると発表した。

 これまで採用していた72の区分から、市区郡単位の1399区分(都道府県47区分、市区町村1352区分)に細分化する。

 ヤフーでは、配信地域区分が市区郡単位で設定できるようになったことで、商圏を絞り込んで地元に商材を売り込みたい広告主は、より適切な見込み顧客にアプローチできるようになったとしている。

 インタレストマッチではこのほか、PCで広告を掲載する際に、自動的に掲載するようになっていたスマートフォンの広告を、掲載するか否かを選択可能にするとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加