logo

アマゾン製タブレット、アナリストが販売台数を予想--3カ月で500万台も

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年08月31日 12時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 発売がうわさされるAmazonのタブレットについて、Forrester ResearchのアナリストであるSarah Rotman Epps氏は米国時間8月29日、ブログ記事で、Amazonが300ドル以下のタブレットを発売した場合、2011年第4四半期の販売台数は300万台から500万台になる可能性があると述べた。

 7月には台湾のニュースサイトCENSが、Amazonは8月から10月にかけて1カ月に80万台から100万台のタブレットをQuanta Computerに注文する計画だと伝えている。Epps氏によれば、Amazonのタブレットは10月にも発売される可能性があるという。

 Amazonは9インチLCDタッチスクリーンを搭載したタブレットを299ドルで発売するかもしれないという情報があるとEpps氏は述べている。一方、業界アナリストのTim Bajarin氏は、価格は249ドルになる可能性があると考えている。別の報道では、Amazonは7インチと10インチのタブレットを発売するという。

 Epps氏は、Appleの「iPad」が引き続き支配的な市場シェアを維持するだろうとしながらも、AmazonのタブレットはAppleにとって真剣に対処すべきライバルになり得ると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集