logo

ハッカー集団Anonymous、米高速鉄道BARTのサイトに攻撃--ユーザー情報も流出か

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫2011年08月15日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハッカー集団Anonymousは、米国時間8月14日にベイエリア高速鉄道(BART)のウェブサイトに攻撃を仕掛けるとの予告を実行に移したものの、計画通りにはいかなかったようだ。

 Anonymousは、「Bart.gov」を14日に6時間オフラインにすると脅していた。この6時間というのは、BARTの経営陣が11日夜に複数の駅で携帯電話サービスの遮断を実施したが、その時間の2倍に当たる。この携帯電話サービスの遮断は、BART警察官による銃撃に対して計画されていた抗議活動を阻止するためのものだった。Anonymousの発表によると、太平洋標準時の正午に分散型サービス拒否(DDoS)攻撃が始まる予定だった。

 12時30分の時点で、BARTのサイトはまだつながるものの少し重かった。目立った変化としては、本稿の執筆時点で「mybart.org」が改変され、下図のようにAnonymousのロゴが表示されている。

米国太平洋時間8月14日12:35のmybart.org 米国太平洋時間8月14日12:35のmybart.org
提供:Eric Mack/CNET

 改変されたサイトのスクリーンショットがTwitterで急速に広まり始めたころ、利用者の電子メールアドレス、住所、電話番号を保存しているmybart.orgのデータベースにもAnonymousに所属するハッカーらがアクセスし、その内容をオンラインで公開したという一報が入った。

 mybart.orgが改変された直後、カリフォルニア州交通安全局が管理する「californiaavoid.org」には、もっと手の込んだ痕跡が残された。「#opBART」というFacebookページには、改変はBARTに対するAnonymousの抗議の一環だとある。

米国太平洋時間8月14日12:40のcaliforniaavoid.org 米国太平洋時間8月14日12:40のcaliforniaavoid.org
提供:Eric Mack/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集