logo

「Windows Phone」エバンジェリスト、マイクロソフトを退職へ--新規事業を立ち上げへ

Jay Greene (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年08月09日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Windows Phone」担当ゼネラルマネージャーであるCharlie Kindel氏は、自身のブログで、21年間勤めたMicrosoftを退職して新規事業を立ち上げることを明らかにした。

 同氏はブログ記事で、「新しいベンチャーについてまだ詳細を明らかにすることはできないが、スポーツ、広告、モバイル、ソーシャルネットワーク、そしてもちろんクラウドに関連した事業になる」と述べている。事業の拠点はシアトルになるようだ。

 Microsoftは2010年に「Windows Phone 7」を発売した際、Kindel氏を同プラットフォームの主要なエバンジェリストとして紹介していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集