logo

富士通、解析クラウド「TCクラウド」の提供開始--計算資源を柔軟に提供

富永恭子 (ロビンソン)2011年08月08日 15時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は8月8日、解析シミュレーションのクラウドサービス「TCクラウド」の提供を発表した。

 TCクラウドのサービス構成は、解析シミュレーション実行用のプラットフォーム「解析プラットフォーム・サービス」、解析アプリケーションの「解析アプリケーション・サービス」、解析シミュレーションの導入・運用を支援する「解析ヘルプデスク」の3つ。2011年第3四半期より順次提供していく。

 解析プラットフォーム・サービスでは、ユーザーごとに解析シミュレーション環境を構築、その環境をクラウドサービスとして提供する。ユーザーの計算資源とTCクラウドを連携させることが可能で、解析対象に応じて最適な計算資源で解析させることができる。

 同サービスでは、仮想マシン環境で提供する小規模解析向けの「スピーディークラス」、物理サーバ環境で提供する中規模解析向けの「プレミアムクラス」、高速ネットワークで接続されたHPC環境で提供する大規模解析向けの「ハイパフォーマンスクラス」と、3種類のサービスクラスを用意した。スピーディークラスとプレミアムクラスは、富士通のデータセンターでユーザーごとに専用のクラウド環境を構築する。

 解析アプリケーション・サービスは、富士通の電磁波解析ソフトウェア「Poynting」から提供を始め、順次拡大する予定。定額制ライセンス(月額)に加えて、従量制ライセンスも提供するため、解析需要の変動が大きい場合にコストを最適化できるほか、定額制ライセンスのように同時使用数の制限がないため、一時的に多数のライセンスを使って高速計算するような使い方も可能。今後は、解析アプリケーションベンダーと協力し、構造解析、衝突解析、熱流体解析などの各種解析アプリケーションのサービスを拡大する計画だ。

 解析シミュレーションの問題解決支援サービスである解析ヘルプデスクでは、富士通のテクニカルコンピューティング分野におけるノウハウを活かして、導入支援、教育支援、運用支援、受託解析などを行う。

-PR-企画特集