logo

「みまもりケータイ」を使った緊急通報サービス--看護師が24時間対応

松田真理 (マイカ)2011年08月04日 18時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 azbilグループの安全センターは8月4日、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコム、山武の3社と協力し、ソフトバンクモバイルの「みまもりケータイ SoftBank 005Z」(みまもりケータイ)を使った自治体向け緊急通報サービスを提供すると発表した。

 この緊急通報サービスは、利用者がみまもりケータイの発信ボタンを押すと、安全センターのコールセンターにつながり、看護師が24時間365日対応する仕組みとなっている。看護師が緊急搬送が必要と判断した場合は、消防署に救急車の出動要請を行うという。

 これまでの緊急通報サービスは、アナログ電話回線を利用した「緊急通報装置」を自宅に設置し、「ペンダント型無線送信機」を身につけて利用するため、電波の届く屋内でしか利用できなかった。

緊急通報サービスの概要

-PR-企画特集