logo

アップルに韓国で賠償金支払い命令--位置情報追跡問題

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年08月04日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「iOS」搭載端末でユーザーの位置情報を意図せず収集していた問題で、韓国放送通信委員会はAppleに罰金300万ウォン(約2829ドル)の支払いを命じた。

 これを最初に報じたReutersによると、同委員会はこのデータ収集問題で、Appleの韓国での営業を停止したり、最大1000万ウォンの罰金を科したりする可能性があったという。

 iOSでの追跡をめぐる騒動は、Appleのモバイル端末がユーザーの動きを追跡していることを4月に研究者たちが発見したことから始まった。6月には、韓国のある人物が起こした同問題の訴訟でAppleが敗訴し、韓国の地方裁判所から100万ウォン(約945ドル)の支払いを命じられている。

 また、Korea Herald紙は今週、法律事務所Mirae LawがAppleに対し、韓国のプライバシー法に違反したとして訴訟を起こす予定があると伝えている。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが、すぐには回答が得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集