logo

写真で見るレノボ「ThinkPad X121e」--11.6型液晶のXシリーズ小型低価格版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 レノボが7月に発売を開始した「ThinkPad X121e」は、11.6型液晶を搭載するThinkPad Xシリーズの小型廉価版だ。2010年はじめに登場したThinkPad X100eの後継となる。

 ThinkPad X100eがAMDプラットフォームのみを採用していたのに対し、ThinkPad X121eはインテルのSandy Bridge世代の低電圧版と、AMDのFusion APUことGPU統合型の2つのプラットフォーム仕様が用意される。販売チャネルごとに投入プラットフォームやCPUが異なり、一般の量販店向けはCore i3-2357Mのみ。法人向けチャネルと同社直販サイトではAMDとインテルのプラットフォームが取り扱われる。

 写真のThinkPad X121eは、同社直販サイトのみで取り扱われるインテルの廉価版CPU、Pentium 957を搭載したもので、直販価格は4万4940円。BTOオプションで指紋センサやWiMAX対応の無線LANを加えたものだ。

 レノボが7月に発売を開始した「ThinkPad X121e」は、11.6型液晶を搭載するThinkPad Xシリーズの小型廉価版だ。2010年はじめに登場したThinkPad X100eの後継となる。

 ThinkPad X100eがAMDプラットフォームのみを採用していたのに対し、ThinkPad X121eはインテルのSandy Bridge世代の低電圧版と、AMDのFusion APUことGPU統合型の2つのプラットフォーム仕様が用意される。販売チャネルごとに投入プラットフォームやCPUが異なり、一般の量販店向けはCore i3-2357Mのみ。法人向けチャネルと同社直販サイトではAMDとインテルのプラットフォームが取り扱われる。

 写真のThinkPad X121eは、同社直販サイトのみで取り扱われるインテルの廉価版CPU、Pentium 957を搭載したもので、直販価格は4万4940円。BTOオプションで指紋センサやWiMAX対応の無線LANを加えたものだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]