logo

もう一度日本のゲームの素晴らしさ見せる--AQとDeNAが「スーパークリエイターズ」を展開

岩本有平 (編集部)2011年07月25日 21時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AQインタラクティブ(AQI)は7月25日、ディー・エヌ・エー(DeNA)との相互協力に向け、基本合意したことを発表した。今後、DeNAの提供するソーシャルネットワーキングサービス「Mobage」上で人気ゲームクリエーターがソーシャルゲームを提供する企画「スーパークリエーターズ」を展開する。

 スーパークリエーターズは、これまでコンシューマーゲーム機を中心に、日本のゲーム産業の礎を築いてきたクリエーターがスマートフォン向けのソーシャルゲームを企画、開発。AQIがパブリッシャーとなって、スマートフォン版Mobageを通じて配信を行う。

 現在参画を予定しているクリエーターは以下の5人。

  • Comcept 代表取締役 稲船敬二氏
  • グラスホッパー・マニファクチュア CEO 須田剛一氏
  • プロペ 代表取締役社長 中裕司氏
  • マーベラスエンターテイメント 執行役員 CCO はしもとよしふみ氏
  • クラフト&マイスター 取締役 船水紀孝氏

 同日都内で開催された会見には、AQI 代表取締役の許田周一氏、DeNA代表取締役社長の守安功氏、5人クリエーターが参加。企画への思いを語った。

 許田氏は今回の企画の背景として、現在世界のゲーム市場において日本のゲームの立ち位置が厳しくなっていると説明。「何とかもう一度日本のゲームの素晴らしさ、クリエーターの底力を見せたいという思いがある。なかなか壁は厚かったが、この度DeNAに非常に強い援護を頂くことができた」と期待を寄せる。

 現時点で参加するクリエーターは5人だが、今後も企画趣旨に賛同するクリエーターらには積極的に参加してもらう予定だという。企画でのゲーム開発期間やクリエーターに対するコミットメントなどは決めていないが、「年内にもゲームを出したい」(許田氏)としている。すでに稲船氏が「JJ・ROCKETS(仮称)」の提供を予定するほか、コンシューマー機で人気の「牧場物語」(マーベラスエンターテイメント)、「NO MORE HEROES」(グラスホッパー・マニファクチュア)などのスマートフォン版アプリなども提供される予定。

 また小学生の頃からゲームに触れてきたというDeNAの守安氏は、「私自身が企画を楽しみにしている」とコメントを寄せる。

 守安氏によると、DeNAの人気ソーシャルゲーム「怪盗ロワイヤル」は、年間売上300億円を達成している。これは6000円のコンシューマーゲーム機のパッケージに換算すれば500万本にあたる。「ソーシャルゲームのマーケットがコンソールと遜色(そんしょく)ない規模になってきている」(守安氏)

 また、ユーザーはフィーチャーフォン、いわゆる「ガラケー」からスマートフォンへ移行しており、それに従ってゲームの操作性やグラフィックスが向上。さらに世界展開も容易になることから、さらに市場が拡大するとした。

 そのほか、クリエーター5人が、企画にかける思いを語った。それぞれのコメントは以下の通り。

  • 稲船氏
     コンソールゲームの時代を築いてきた、ゲームを知り尽くした人たちがスマートフォンを中心としたソーシャルゲームに参入する第一歩。ソーシャルゲームはまだ過渡期。こういったクリエーターたちがゲームを変える。変えなければいけない。

     スーパークリエーターに何を作ってもらいたいか、その期待に応えてソーシャルゲームをやっていきたい。それを踏まえて、仮タイトルだが「JJ・ROKETS」を作っていく。僕自身もアクションゲームが好きで、横スクロールのアクションゲームを通ってきた。またキャラデザイン出身なので、これも重視していきたい。
  • 須田氏
     日常の隙間を(コンソール機より)さらに埋めるのがソーシャルゲーム。我々の日常の中にゲームする時間がさらに増えたことは、より活躍の場が増え、チャンスが広がったと感じている。

     (自社で提供する)「NO MORE HEROES」シリーズでコンテンツを出していく。できることなら「ロワイヤル」シリーズをいただきたい。また表現がどこまでできるかは、課題であり挑戦。一番血の出るソーシャルゲームを目指したい(編集部注:同ゲームシリーズは発売するプラットフォームや国ごとに異なるが、一定年齢以上のユーザーを対象に販売されている)。
  • 中氏
     10年くらい前の「ファンタシースターオンライン」から、「(ファンタシースター)ユニバース」にも関わったが、ネットワークゲームからは離れていた。当時うまくやれた部分もあるので、それをスマートフォンの中で、よりコミュニケーションがとれるようにやっていきたい。

     iPhoneで(ゲームエンジンの)Unreal Engineを使ったアプリ「iPROPE」をリリースした。今後ソーシャルゲームを使うので、スマートフォン向けの実験でもある。また近々Unity(ゲームエンジン)で4本ほど出す。iPhoneやiPadでも、コンシューマー機と遜色(そんしょく)ないものができ、おもしろくなってきた。

     すでに企画自体はできて作り始めているが、タイトル名は未定。位置情報連動の育成、冒険モノを制作している。
  • はしもと氏
     牧場物語は今年で15年になる。ソーシャルゲームが始まったばかりの頃、“牧場系”のゲームが多くあって、うちはやらないのかと言われていた。季節や天気と連動するなど、ずっとプレイできる牧場物語のようなものを提供したい。

     また、機会があれば(同タイトルだけでなく)ソーシャルならではのゲームもやっていきたい。
  • 船水氏
     ソーシャルゲームは今までやってきたもの(コンシューマー機向けゲーム)と違うが、肩肘張らずにやってみたい。

     僕たちのキーワードは「生ゲー(なまげー)」。生で新鮮、旬でライブ感を大事にするというものを作っていく。

     今までやってきたアーケードゲームの運営ノウハウなどもうまく生かしていければ 。
  • 説明 左からクラフト&マイスター 取締役 船水紀孝氏、マーベラスエンターテイメント 執行役員 CCO はしもとよしふみ氏、AQインタラクティブ 代表取締役の許田周一氏、ディー・エヌ・エー 代表取締役社長の守安功氏、プロペ 代表取締役社長 中裕司氏、グラスホッパー・マニファクチュア CEO 須田剛一氏、Comcept 代表取締役 稲船敬二氏
  • -PR-企画特集