米連邦地裁、ウィンクルヴォス兄弟の申し立てを却下--Facebookへの訴訟で

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 福岡洋一2011年07月25日 10時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦地方裁判所は米国時間7月22日、双子のWinklevoss兄弟がFacebookに対して6月に申請していた申し立てを却下した。

 Reutersの報道によると、6月に提出されて今回却下された申し立ての内容は、Winklevoss兄弟が大手ソーシャルネットワークのFacebookとその共同設立者を相手取って最初の訴訟を起こした際に、Facebookが「意図的または不注意に証拠を隠した」とするものだった。

 Winklevoss兄弟とそのパートナーであるDivya Narendra氏は、この申し立てを行う前日、Facebookとその最高経営責任者Mark Zuckerberg氏を相手に長い間争っていた最初の訴訟を取り下げ、最高裁判所に上訴しない代わりに6500万ドルで和解することに同意していた。

 Winklevoss兄弟の弁護士はReutersの取材に対し、裁判所の判断は「予想されたものだった」と語った。

 Winklevoss兄弟とDivya Narendra氏は、Zuckerberg氏のハーバード大学でのクラスメートだが、「ConnectU」と呼ばれるソーシャルネットワークサイトのアイデアをZuckerberg氏が盗用したとして、2008年に訴訟を起こしていた。この顛末は、アカデミー賞でいくつかの賞に輝いた2010年公開の映画「The Social Network」に描かれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加