logo

エイサー、クラウドサービスプロバイダーのiGwareを買収へ

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年07月22日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Acerは米国時間7月21日、クラウドサービスプロバイダーのiGwareを3億2000万ドルで買収することで合意したと発表した。iGwareは、一定の業績に到達すれば、さらに7500万ドルを受け取ることができる。Acerは、iGwareの技術を使用して「Acer Cloud」という新しいサービスを提供すると述べている。

 Acerによれば、iGwareのクラウドソフトウェアとインフラストラクチャツールは、世界中の1億台を超えるデバイスで利用できるという。iGwareは主要取引先である任天堂とも提携しており、「Wii」「ニンテンドーDS」「ニンテンドー3DS」向けのオンラインサービスに利用されている。iGwareは「Wii U」のサポートにおいても任天堂と契約を結んでいるとAcerは述べている。

 Acerは21日の声明で、「PC、タブレット、スマートハンドヘルドデバイスを含むすべてのAcer製品」をAcer Cloudで統合する予定だと述べた。同社によれば、Acer Cloudの機能は「オープンプラットフォーム上で構築される」ことになるという。

 Acerは今回の買収について、「中期的ないし長期的な投資」になるとしている。同社は、Acer Cloudを搭載した製品を2012年に発売したいと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集