新登場の27インチ「Apple Thunderbolt Display」--ドッキングステーション機能

別井貴志 (編集部)2011年07月20日 23時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは7月20日、Macノートブックのドッキングステーションとなる、Thunderbolt (サンダーボルト)I/Oインターフェイスを備えたディスプレイ「Apple Thunderbolt Display」を発表した。価格は8万4800円。

 27インチのApple Thunderbolt Displayに、1本のケーブルでThunderboltポート搭載のMacを接続すると、FaceTime HDカメラに加え、2.1チャンネルオーディオ、ギガビットEthernet(1基)、FireWire 800(1基)、USB 2.0(3基)、Thunderbolt(1基)の各ポートが利用できる。MacBook ProやMacBook Airを充電するMagSafeコネクタも備える。

 Thunderboltポートは、最大10Gbpsの転送速度を有する2つの双方向チャネルを備え、ストレージやRAIDアレイなど外部の周辺機器をPCI Expressに直結し、高解像度表示をDisplayPortでサポートする。そして、既存のアダプタ経由でHDMI、DVI、VGA各方式のディスプレイとも接続可能だ。ディスクリートグラフィクスプロセッサを搭載するThunderboltベースのMacを使えば、2台の外部ディスプレイを接続することで、さらに700万ピクセル以上の作業領域を確保できるという。

 このほか、Apple Thunderbolt Displayは、内蔵の環境光センサーにより自動的にディスプレイの輝度を周囲の照明状況に基づいて調節するなど、省エネルギーや環境に配慮した素材などを使っている。

 Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるフィリップ・シラー氏は、この新ディスプレイについて「Macノートブックに対する究極のドッキングステーション。たった1本のケーブルでドッキングするだけで、高性能な周辺機器、ネットワーク接続、オーディオデバイスが利用可能になる」とコメントしている。

◇2011年7月20日発表のアップル新製品群
絵で見る「OS X Lion」日本語版の新機能--約2年ぶりのメジャーアップデート
アップル、国内でも「OS X Lion」をリリース--250を超える新機能を搭載
アップル、「MacBook Air」を刷新--Thunderbolt採用で8万4800円から
アップル、「Mac mini」を刷新--Thunderbolt搭載で5万2800円から
新登場の27インチ「Apple Thunderbolt Display」--ドッキングステーション機能
Thunderbolt搭載のMacBook Air、Mac miniなど刷新--ディスプレイも登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加