logo

スポーツ専門チャンネル「J SPORTS」が10月からBS開始--社名も変更へ

加納恵 (編集部)2011年07月14日 20時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CSやCATVでスポーツ専門チャンネルを運営するジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング(J SPORTS)は、10月1日にスタートするBS放送の番組編成などについて記者会見を開催した。今回のBS放送進出を機に、社名を「ジェイ・スポーツ」に変更するほか、ロゴデザインも一新し、新ブランドとして展開していくという。

代表取締役社長の笹島一樹氏 代表取締役社長の笹島一樹氏

 同社の代表取締役社長である笹島一樹氏は「J SPORTSは、9月で創立15周年を迎える。合併や資本変更などいろいろな事があったが、日本に本格的なスポーツチャンネルを立ち上げたいという思いのもと、取り組んできた。今回のBS進出によって、今までハードウェアの問題でCSやCATVが視聴できなかった人たちに番組を届けることができるようになる。BS放送にはすでに野球やサッカーなどの、J SPORTSと親和性の高い番組が多数放送されている。そうした番組と合わせてザッピングしながら楽しんでほしい」と話した。

  • J SPORTS新ロゴデザイン

 10月1日からは、J sports1/2、J sports ESPN、J sports Plusと異なっていた4つのチャンネル名を「J SPORTS 1~4」に統一。現在1チャンネルのみのハイビジョン放送を、10月からは3チャンネル、2012年3月には全チャンネルに拡大する予定だ。BS放送は10月時点でJ SPORTS 1/2が開始され、2012年3月にJ SPORTS 3/4を追加する。

  • 発表会場ではラグビー元日本代表の大畑大介氏によるトークセッションも開催された

 各チャンネルは、国内スポーツ、海外スポーツ、ニュース情報番組、生中継などの特徴を持たせ展開していく。中でも「J SPORTSの強み」という生中継は、1日平均14時間以上、年間で5000時間以上にまで放送時間を増やす方針だ。BS放送でも開始されている3D放送に関しては「受信機器の普及状況を見ながら取り組みたい」(笹島氏)とした。

 BS放送における視聴料はJ SPORTS 1~4で月額2400円。プロ野球セット、サッカーセットなど、BS、CSを合わせた商品も展開していくとしている。なお、すでにJ SPORTSチャンネルに加入している人は、契約変更なく引き続き視聴できるとのことだ。

 BS放送開始に合わせ、記念特番として「ラグビーワールドカップ2011 ニュージーランド大会」全48試合を生中継するほか、10月1~7日までの7日間、全4チャンネルで無料放送キャンペーンを展開する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集