logo

きずなが「kizna」事業を譲渡し新サービス開発へ--FrogAppsへと社名変更

鳴海淳義 (編集部)2011年07月08日 13時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルメディアクライアント「kizna」の開発を進めていたきずなは7月8日、kiznaに関するすべての知的財産権、販売権、商標権、ブランドをSIIISにライセンスし、開発と運用を全面的に移管することを発表した。あわせて、きずなは社名をFrogAppsへと変更し、新たなインターネットサービスを開発する。

 今回のライセンス契約により、SIIISはkiznaに関する事業を全面的に継承し、開発とバージョンアップ、運営を行っていく。9月までにiPhone版サービスをリリースする計画だ。

 そもそもkiznaは3月末のベータ公開を予定していた。FrogApps代表取締役の中村仁氏は次のようにコメントしている。「kiznaは、これまで多くの方々に高く期待されながら、思うように離陸できずにいたが、SIIISの指揮下に入ることによって、ようやく万全の体制を得ることができたと確信している」。

-PR-企画特集