logo

日本IBMなど、製造業向けに使用電力可視化システム--最短3週間で構築

富永恭子 (ロビンソン)2011年07月05日 19時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMとエクサは7月5日、製造業向けに「エネルギーの見える化ソリューション」の提供を開始した。電力計やビルエネルギー管理システム(BEMS)、工場エネルギー管理システム(FEMS)などからデータを定期的に収集、算出して、工場やオフィスの電力使用状況の見える化を実現するという。税別提供価格は400万円から。SaaS型の場合は初期費用300万円、月額費用20万円からとなる。

 各施設や各フロアといった単位のきめ細かい電力使用実績を算出し、レポート形式やグラフにして表示できる。電力削減施策の有効性検証や次のアクションプラン策定に役立てられるとしている。システムを構築した後でIBMのコンサルタントが電力削減施策の効果を検証し、改善策を提案して、適用範囲の拡張や再計画策定を支援するという。

 同ソリューションは基盤として設備保全管理ソフトウェア「Maximo」を活用する。エクサがシステムを構築する。工場やオフィスなど設備管理能力のこれまでの経験を活用した製造業向けの専用テンプレートを提供することで、最短3週間でシステムを構築でき、低コストを実現できるとしている。

-PR-企画特集