クオリティ、セキュリティSaaSでAndroid端末も対象に--統合画面から管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クオリティソフトは6月28日、同社が提供しているPCセキュリティ維持管理SaaS「ISM CloudOne」にAndroid端末管理機能を追加、PC&モバイルセキュリティ維持管理サービスとして7月末から提供すると発表した。統合されたシステムでPCとAndroid端末の双方のセキュリティが管理可能なSaaSは日本初と説明している。

 ISM CloudOneは、グループ企業を数多く持つ企業体向けのセキュリティ維持管理サービス。グループ企業全体のポリシーとして設定したセキュリティ対策を自動的に継続して保つことができ、リモートコントール機能やソフトウェア配布や起動制御機能をネット経由のサービスとして、また従来型のクライアントサーバ型のソリューションとしても利用できるとしている。

 Android端末はキャリアや機種を気にすることなく管理でき、これは6月現在でほかのツールでは実現できていない特長と説明する。ユーザー企業の情報システム部門はPCだけでなく各社から発売される、さまざまなAndroid端末の統合的な管理が実現できるという。iPhoneとiPadへの対応は年内に提供する予定。提供価格は、クラウドSaaSでは1クライアントあたり月額700円、企業導入向けライセンスでは120万円(100クライアントの場合)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加