ドコモ、携帯電話向け海外送金サービスを開始--スマホも対応予定

松田真理 (マイカ)2011年06月27日 19時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは6月27日、海外向け送金に対応したサービス「docomo Money Transfer」の提供を7月7日に開始すると発表した。これに伴い、同社がすでに登録している資金移動業の変更申請を実施している。ドコモによれば、携帯電話事業者として日本で初めて、携帯電話間での海外送金を実現したという。

 docomo Money Transferは、ドコモの口座から海外の金融機関窓口への送金が可能になるサービス。ドコモがフィリピンで出資提携しているPLDTの子会社Smart Communicationsの電子マネー口座向け着金機能を活用している。

 利用するには、まずドコモ口座を開設後、ペイジー対応の銀行ATMおよびモバイルバンキング、インターネットバンキング経由で入金する。その後、携帯電話を使って送金を指示する。送金手数料は、1回の送金につき一律1000円となる。

 サービス開始当初の送金先は、フィリピン、ブラジル、韓国、中国で、順次拡大する予定。また、今後はスマートフォンにも対応するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加