logo

ソフトバンク、他社端末向けにSIMカードを販売--海外iPhoneは後日対応

藤井涼 (編集部)2011年06月20日 13時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは、他社の携帯電話端末で使用できるSIMカードを7月1日から販売する。同日より、全国のソフトバンクショップと一部ソフトバンク取扱店で申し込みを受け付ける。

 音声通話の料金は、ソフトバンクモバイルの携帯電話を使用した場合と同様の料金。パケット定額サービスは、サービスの種類に関係なく上限が5985円となる。ソフトバンクモバイルの利用者でない場合は回線の新規契約が必要で、事務手数料として2835円がかかる。

 また、海外で販売されているiPhoneやiPad向けには提供しないとのこと。提供時期については確定次第通知するとしている。海外のiPhoneやiPadでSIMカードを利用した場合、任意でアクセスポイント設定ができないため、すべてのパケット通信が定額サービスの対象外となる。

 ソフトバンクモバイルでは、他社の携帯端末でSIMカードを使用した際の、同社サービスの動作保証はできないとしている。また、他社が販売する携帯端末の故障やアフターサービスについては、携帯端末を販売した事業者に問い合わせるよう求めている。

-PR-企画特集