タップやシェイクでヘッドセットを操作「JAWBONE ERA」

加納恵 (編集部)2011年06月09日 17時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリニティは6月9日、本体をシェイクやタップすることで操作できるBluetoothヘッドセット「JAWBONE ERA(ジョウボーン イーラ)」を発表した。6月10日からTrinityオンラインストアのほか、家電量販店、アップルストアなどで販売する。価格は1万3800円。

  • 「JAWBONE ERA」カラーはSHADOWBOX

 JAWBONE ERAは、Bluetoothヘッドセットを多数手がける米国ALIPHのもの。MotionX加速度センサを搭載し、本体を4回振るとペアリングモード、2回タップすると着信への応答、終話など、モーションコントロール機能に対応する。

 骨伝導式ノイズキャンセリング技術「NOISEASSASSIN 3.0」を採用したほか、周りの環境音に合わせて自動的にスピーカ音量を調整するオートアジャスト機能を備え、高品質な通話をサポート。音楽伝送用プロファイルA2DPとワンセグやLISMOに使用されている暗号化技術SCMS-Tにも対応する。

 本体サイズは高さ14.5mm×幅51.3mm×奥行き24.1mmで、重量は10.2g。2台の携帯電話と同時にペアリング、待ち受けができるほか、最大8台までペアリング情報を保存できる。

 電源はリチウムポリマ充電式バッテリで、USB経由での充電に対応。約1時間で充電でき、最大5.5時間の通話、最大10日間の着信待ち受けができるとしている。iPhone、BlackBerryではディスプレイに充電残量を表示することも可能だ。

 従来のJAWBONE製品同様、ウェブサイト「MyTALK」を利用することで、機能のアップデートが可能。登録した電話番号に対応した名前を読み上げる「発信者ID通知」機能も備える。

  • SMOKESCREEN

  • SILVER LINING

  • MIDNIGHT

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加