KDDI ビジネスコールダイレクトに「内線Cメール機能」

藤井涼 (編集部)2011年06月08日 16時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは6月8日、法人音声定額FMCサービス「KDDI ビジネスコールダイレクト」に、7月13日から、内線番号を利用して定額料金内でCメールの送受信ができる「内線Cメール機能」を追加すると発表した。

 KDDI ビジネスコールダイレクトは、au携帯電話サービスとKDDI固定電話サービスを利用したボイスクラウドサービス。今回、内線Cメール機能を搭載することで、au携帯電話やスマートフォンでの内線番号によるCメール送受信や、PC専用ページからのCメールの送受信、PCでのCメール開封を携帯電話に通知する「開封お知らせ機能」などを利用できるようになる。

 料金は、au携帯端末の場合は初期費用、月額利用料ともに無料。ウェブサービスの場合は初期費用が1ユーザーIDあたり1050円、月額利用料が1ユーザーIDあたり315円となる。上記の料金がKDDI ビジネスコールダイレクトの料金に上乗せされる。

 またKDDIでは、利用企業のシステムから受けたテキストメッセージなどを、KDDI ビジネスコールダイレクトに加入するau携帯電話やスマートフォン、PC宛てに送付できる「内線Cメール配信API」を無償提供するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加