アップル、「iTunes 10.3」をリリース--「iCloud」ベータの一部機能をサポート

Topher Kessler (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年06月08日 08時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「iTunes 10.3」をリリースした。iTunes 10.3はAppleの新しい「iCloud」の機能を一部サポートする。

 米国時間6月6日にAppleの技術者向け年次会議Worldwide Developers Conference(WWDC)で発表されたiCloudは、「MobileMe」に代わる同社の新サービスである。iCloudの全機能が提供されるのは2011年後半になる予定だが、購入したアイテムを複数のマシンで管理したり、これまでに「iTunes Store」で購入したものをダウンロードしたりする機能など、一部の機能がそれよりも前に提供される。

 今回リリースされたiTunesには、「Automatic Downloads」という機能が提供されている。Automatic Downloadsは、音楽やアプリ、書籍を購入すると、MacおよびiOSデバイスにそのコピーが自動的にダウンロードされる機能である。

 「iTunes 10.5」および「Mac OS X 10.7 Lion」がリリースされるまではiCloudの全機能を利用することはできないが、現時点で利用できるこの機能は便利だ。iTunes 10.3は、AppleのiTunesのSoftware UpdateまたはAppleのサポートダウンロードページから入手できる。バージョンにもよるがサイズは約75Mバイトである。

 今回のアップデートには、Automatic Downloads以外に、これまでに購入したアイテムを無料でダウンロードするオプションも提供されている(ただし、以前に購入した項目がストアにもう存在しない場合は、ダウンロードできないとAppleは警告している)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加