logo

ドコモ、関東甲信越で13時間にわたり通信障害--問い合わせ3800件

藤井涼 (編集部)2011年06月07日 10時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは6月6日、関東甲信越地域の10都県でFOMA、Xi、mova、衛星携帯電話を契約した一部の顧客の携帯端末で通信障害が発生したと発表した。同社では通信設備の故障が原因と説明している。通信障害は、6月6日8時27分頃~21時36分までと約13時間におよび、現在は回復している。

 ドコモによれば、契約時に割り当てられる番号はサーバに保存されており、通信設備の故障により最大172万回線で、音声通話とパケット通信(iモード含む)が利用しづらい状況が続いたという。関東甲信越地域で契約後に関西や東北に引っ越した顧客にも影響があった。また、契約後にMNP(Mobile Number Portability)を利用して他の通信事業者へ移行した顧客にも影響があったという。

 通信障害に対するドコモへの問い合わせ件数は6日23時15分時点で3800件におよんだという。

-PR-企画特集