ドコモ、「GALAXY S」など3機種をOSバージョンアップ

藤井涼 (編集部)2011年06月06日 19時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは6月6日、スマートフォン「GALAXY S SC-02B」(GALAXY S)、「GALAXY Tab S-01C」(GALAXY Tab)、「LYNX 3D SH-03C」(LYNX 3D)のOSバージョンアップを、6月7日10時以降に実施すると発表した。アップデートにより、GALAXY SとGALAXY TabのOSはAndroid 2.3に、LYNX 3DのOSはAndroid 2.2にバージョンアップされる。

 GALAXY SGALAXY Tabは、Android 2.3にバージョンアップすることで、ゲームやアニメーションの動作速度が向上するほか、詳細なバッテリー状況やアプリが使用するメモリ量を確認できるようになる。また、GALAXY Sでは通知パネルが変更されるほか、GALAXY Tabでは、「電卓」アプリや「スケッチメモ」アプリが追加される。アップデートは、専用ソフト「Samsung Kies」とUSBドライバを利用してPCから実施する。

 LYNX 3Dは、Android 2.2にバージョンアップすることで、Flash Player 10.1に対応するほか、microSDカードへのアプリ保存、アプリの自動および一括更新、音声入力などが可能になる。また、起動中のアプリ一覧画面に「すべて終了」ボタンが追加される。待受画面でのWi-FiやBluetoothのオンオフ切り替えも可能になる。

 アップデートは、LYNX 3DとPCをmicroUSBケーブルで接続し、PCから更新ファイルをダウンロードすることで実施できる。PCにはシャープが提供する「メジャーアップデートツール」をインストールする必要があるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加