logo

mixi、「ソーシャルバナー広告」を本格導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィは5月31日、「ソーシャルバナー広告」の本格導入を開始した。ソーシャルバナー広告は、mixi上の人と人とのつながり(ソーシャルグラフ)を活用したバナー広告。既存のバナー広告には反応しないユーザー層にも、友人や知人の情報を付加することで、ブランド情報やキャンペーン情報をより効果的に伝えられるという。

 ミクシィがソーシャルバナー広告のトライアルとして2010年12月に実施した「mixi Xmas 2010」では、通常のバナー広告と比較してCTRが6倍以上になったという。

 ソーシャルバナー広告導入の第1弾として、ナイキジャパンのシューズやバッグなどを自由にカスタマイズできるサービス「NIKEiD」のキャンペーンを展開する。同キャンペーンでは、ユーザーは、mixi上に用意されたジェネレートツールでシューズを自分独自のデザインにカスタマイズして、作成したシューズを友人のマイページに表示させるバナーを作成できる。

 友人同士で互いのシューズデザインを評価し合って楽しめるほか、自分がカスタマイズしたシューズをキャンペーン内で実際に購入することもできる。

-PR-企画特集