logo

パナソニック、縦型ムービーカメラ3機種を発表--防水、内蔵メモリタイプなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは5月25日、新カテゴリのデジタルムービーカメラとして、防水タイプ「HX-WA10」と軽量でコンパクトな16Gバイトメモリ内蔵タイプ「HX-DC15」、エントリータイプ「HX-DC1」の3モデルを発表した。

  • 「HX-WA10」

 6月25日から発売する。価格はHX-WA10が4万5000円前後、HX-DC15が5万円前後、HX-DC1が3万5000円前後となる。

 3モデルともに人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインを採用。グリップ感の高い「タテ型デザイン」とし、自然なスタイルでの撮影を実現したとのこと。また、モニタの角度を自由に変えられるバリアングル液晶により、被写体の動きに適したアングルでの撮影が可能だ。

  • 「HX-DC15」

 動画は1920×1080ピクセルのフルHD画質、静止画は1600万画素(HX-DC1は最大1400万画素)の撮影に対応。新高画質エンジンに搭載された3次元ノイズリダクションにより、低照度撮影時でも優れた性能を実現したとしている。さらにMOSセンサー画素エリアを有効活用し、光学ズームと組み合わせることで30p撮影時の12倍ズームを可能にしたという。

 MP4記録モードを搭載し、付属のWindows専用ソフトを利用することで、YouTubeやFacebookなどへ撮影した映像をアップロードすることが可能。また、iFrameモードも搭載しMacとも連携する。

  • 「HX-DC1」

 防水対応のHX-WA10は、JIS防水保護等級IPX8相当で水深3メートル防水。独自の「水中モード」により、水中らしい色合いに自動調整するほか、操作音などによる雑音や気泡の破裂音なども低減しさせるとしている。本体サイズは高さ123.7mm×幅92.0mm×奥行き41.2mmで、重量は約232gになる。ボディカラーはサンターンブラック、サンシャインオレンジ、オーシャンブルーの3色をそろえる。

 HX-DC15とHX-DC1は、本体サイズが高さ120.8mm×幅86.2mm×奥行き38.1mmで、重量が約162g(HX-DC1は163g)。ボディカラーはHX-DC15がオニキスブラック、HX-DC1はスマートグレー、スウィートピンク、クールホワイトの3色になる。

-PR-企画特集