logo

第1四半期スマートフォン市場、「Android」が大きくリード--ガートナー報告

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2011年05月20日 10時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年第1四半期のスマートフォン向けOS市場では、「Android」と「Windows Phone」で大きく明暗が分かれた。

 市場調査会社Gartnerは英国の現地時間5月19日に公開した報告で、第1四半期におけるスマートフォンの世界販売台数が1億台を超えたと述べた。GoogleのAndroidが市場シェア36%を確保し、販売台数は3620万台以上に達した。Nokiaの「Symbian OS」が第2位で、市場シェアは27.4%、販売台数は2760万台だった。Appleの「iOS」は市場シェア16.8%で第3位、Research In Motion(RIM)の「BlackBerry OS」は12.9%で第4位となった。

 これに対しMicrosoftは大きく引き離された。Gartnerによると、第1四半期における同社のモバイルOS搭載スマートフォンの販売台数は360万台にとどまり、市場シェアは3.6%だった。Microsoftにとってさらに懸念すべきことに、新たなWindows Phone搭載端末の販売台数はわずか160万台だった。

 Gartnerの数字は、1年で実際どれほど大きな差が出るかを示している。2010年第1四半期においてAndroidの市場シェアは9.6%にすぎず、全体で第4位だった。当時はSymbian OSの市場シェアが44.2%で、BlackBerry OSが19.7%、iOSが15.3%と続いていた。旧バージョンの「Windows Mobile」の市場シェアは6.8%だった。

説明
提供:Gartner

 OSではなく(スマートフォンなどの)携帯機器本体に目を向けると、Gartnerの調査では、予想通り2011年第1四半期においてNokia製端末が販売台数1億760万台で第1位となった。続くサムスンが6880万台、LGが2400万台で、上位3位までを占めている。Appleは1680万台、RIMは1300万台だった。全体として、2011年第1四半期における携帯電話の販売台数は4億2780万台で、前年同期の3億5960万台から増加した。

 Gartnerの調査では、すべての携帯電話メーカーのうちAppleの前年同期比成長率が最も高いことが明らかになった。2011年第1四半期において、Appleの携帯電話の販売台数は前年同期に記録した820万台の2倍以上となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集