logo

ネットアップ、バックアップソリューションを無償提供--自社製品ユーザー対象に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットアップは5月17日、保守サポート契約を行って同社のストレージ製品を利用しているユーザーを対象に、データ保護ソリューション「SnapMirror」の90日間無償ライセンス提供プログラムを開始すると発表した。

 このプログラムは、今後も実施される可能性がある計画停電や電力供給制限によるシステム停止に備え、企業のIT担当者が企業データをLANやWANを経由して遠隔地にあるストレージへバックアップすることを支援するもの。独自の「ネットワーク圧縮テクノロジ」により、帯域幅使用率を70%削減することで、ビジネスを中断することなく、かつデータ移行のネットワークコストを抑えることができるという。

 利用例としては、SnapMirrorによるバックアップを提供しているクラウド事業者のサービスを利用して差分データの転送を行うケースのほか、複数拠点でネットアップストレージを所有する場合に、双方にデータをバックアップしておくといったケースが挙げられている。

 SnapMirror無償ライセンス提供プログラムの詳細、申し込みについては、ネットアップのウェブサイトを参照のこと。

-PR-企画特集