logo

マイクロソフト、Skypeを買収へ--現金85億ドルで

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年05月10日 21時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftとSkypeは米国時間5月10日、MicrosoftがSkypeを現金85億ドルでSilver Lake率いる投資グループから買収することで最終合意に達したことを発表した。両社は、この合意について、MicrosoftおよびSkypeの取締役会で既に承認されていることを声明で明らかにしている。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏は声明で、「Skypeは、世界中で多くの人に愛される驚くべきサービス」と述べ、「人々が世界中どこにいても家族、友人、顧客、同僚と容易に常に繋がっていることができるよう、リアルタイムコミュニケーションの未来をともに創造する」と語った。

 Microsoftは、Skypeを「Xbox」および「Kinect」、そして「Windows Phone」プラットフォームに統合する計画だと述べている。また同社は、「Skypeユーザーを『Lync』『Outlook』『Xbox Live』などのコミュニティーに結びつける」ことも計画している。Skypeユーザーにとって恐らく最も重要なこととして、Microsoftは、「非Microsoftプラットフォーム」におけるSkypeのサポートを継続すると述べている。

 Microsoftは、今回の買収が2011年中に完了することを期待している。SkypeのCEOであるTony Bates氏は、Microsoft Skype Divisionのプレジデントに就任する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集