IE9日本語版、26日から提供開始--レビューや最新の話題をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの最新ブラウザ「Internet Explorer 9」(IE9)が日本でも4月26日に提供開始される。米国では3月に同ブラウザの正式版がリリースされているが、日本語版の提供は東日本大震災の影響を受け、回線負荷や節電への配慮から延期となっていた。

 本記事では、英語版を使った米CNET記者によるレビューや正式公開後の状況、さらには先日早くも披露された次期版「Internet Explorer 10」の情報をまとめた。

◇米CNETによるレビュー
「Internet Explorer 9」を詳細レビュー(前編)
「Internet Explorer 9」を詳細レビュー(後編)

◇震災を受けた日本での対応
IE9日本語版を延期、回線負荷や節電への配慮から
IE9日本語版、4月26日に提供

◇正式公開とその後の話題
MS、「Internet Explorer 9」の正式版をリリース--「Windows XP」は未対応
「IE9」、公開後24時間で235万ダウンロード
IE9は最も節電できるブラウザ--マイクロソフトが調査

◇次期版IEが早くも姿を見せる
マイクロソフト、「Internet Explorer 10」をプレビュー--MIX11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加