logo

シャープ、中小型の新液晶パネルを開発--酸化物半導体を採用し低消費電力化

加納恵 (編集部)2011年04月21日 18時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月21日、酸化物半導体を採用した中小型液晶パネル「IGZOパネル(アイジーゼットオーパネル)」を開発したと発表した。スマートフォンやタブレット端末用として2011年中の生産開始を目指す。

 IGZOパネルは、In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)といった酸化物半導体を使用していることが特徴。従来のアモルファス液晶パネルに比べ、薄膜トランジスタを小型化でき、高開口率化、低消費電力化を実現するとしている。

 シャープでは、このIGZOパネルを旺盛な需要が予測され、高精細、高性能な液晶パネルが求められるスマートフォン、タブレットといった中小型パネルに導入していくとのこと。10型FWXGAパネルを搭載したタブレットの試作品で検証したところ、従来のアモルファス液晶に比べIGZO液晶は消費電力量を約3分の1まで低減できたとしている。

 今後は、亀山第2工場の既存ラインをIGZO液晶ラインへと改造し、生産体制を整えるとのこと。一部改造は加えるものの、既存ラインを活用できるため、初期投資額が抑えられるという。

-PR-企画特集