東芝、バッテリ内蔵テレビを日本でも発売へ--ピークシフト機能で電力不足に対応

加納恵 (編集部)2011年04月20日 18時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は4月20日、東日本大震災の影響による電力不足を受け、バッテリを内蔵した液晶テレビを発表した。電力使用ピーク時間帯に、電力供給電源をAC電源からバッテリへと切り替えられる「ピークシフト機能」を搭載する。商品化は7月を予定している。

  • ピークシフト機能搭載テレビ

 ピークシフト機能搭載テレビは、19V型を用意。背面にバッテリを内蔵し、リモコンのピークシフトボタンを押すと、AC電源からバッテリ電源駆動に切り替わるという。

 東芝では、2010年に停電の多いASEAN地域などに向けた製品としてバッテリ内蔵テレビを発表している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加