マクセル、伝統色で「和」をイメージしたヘッドホン--京セラとのコラボモデル

加納恵 (編集部)2011年04月21日 10時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは4月20日、ハウジング部に「京都オパール」をあしらったジュエルスタイルヘッドホン「HP-CN32」を発表した。京セラとのコラボレーションモデルになる。4月25日から、店頭想定価格2000円前後で発売する。

  • 「HP-CN32」

 HP-CN32はインナーイヤー型のヘッドホンで、カラーバリエーションとして「艶紅(つやべに)」「今様色(いまよういろ)」など日本の伝統色8色を用意。それぞれに京セラが開発した装飾用素材である京都オパールをあしらい、ファッション性の高いヘッドホンに仕上げたとしている。

 ボディには直径9mmの高磁力ネオジウムマグネットドライバを搭載し、高音質サウンドを再現するとのこと。ポート部は楕円形の「オーバル型ポート」により、フィット感と遮音性を高めたとしている。

 1.2mのコードには「からみ防止スライダー」を装備。SS、S、M、Lと4サイズのイヤーピースを同梱する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加