IPv6アドレスについて知っておくべき10のこと--IPv4アドレス在庫終了の今

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Asia-Pacific Network Information Centre(APNIC)は4月15日、同日をもってAPNICの管理するIPv4アドレスの在庫が枯渇したことを発表した。あわせて、APNICとアドレス在庫を共有する社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)も、IPv4アドレスの通常割り振りを終了すると発表している。

 そんな中、注目を集めているのがIPv6技術だ。しかしIPv6はIPv4と大きく違っているため、多くのIT技術者は、IPv6への移行と言ってもどこから手を付けていいかわからないのが現状だ。以下の記事では、IPv6のアドレッシングの仕組みを理解するのに役立つ、10のポイントを紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加