日本オラクル、中堅向け短期導入ソリューションを拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは4月4日、中堅企業向け短期導入ソリューションの構築を支援するパートナー向けプログラム「Oracle Accelerate」を通じて、8社のパートナーから新たに15種類のソリューションが提供開始されたと発表した。

 Oracle Accelerateは、オラクルがグローバルで展開するパートナー認定制度「Oracle PartnerNetwork Specialized」の一環として、パートナー各社が得意とする専門領域において、短期かつ低コストで導入するためのひな形を構築するためのプログラム。同ソリューションを活用することで、従来と比較して導入時間を最大で40%削減できることを見込んでいるという。

 今回新たに、ITエンジニアリング、アクセンチュア、アグレックス、キヤノンITソリューションズ、CSK、電通国際情報サービス、東芝情報システム、ワイ・ディ・シーの8社から、新たに15種類のOracle Accelerateソリューションの提供が開始され、これにより日本で展開される同ソリューションのラインアップは、21社、56種類となった。

 今回の拡充により、オラクルのビジネスインテリジェンス製品「Oracle Business Intelligence Enterprise Edition」、自社導入型CRM「Siebel CRM」、SaaS型CRM「Oracle CRM On Demand」のOracle Accelerateソリューションが日本で初めて提供可能になったとしている。また、経営管理の分野では、IFRS対応へのニーズに応える連結管理ソリューションが新たに3種類加わった。そのほか、中堅企業向けERPアプリケーション製品「JD Edwards EnterpriseOne」による財務会計システムを最短4カ月で導入可能なソリューションも提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加